So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

インスリンにコルチゾールにステロイドに副腎 [アレルギー]

IMGP6016.JPG

刺激大好き!で糖の話。下半身太りで炎症の話をした。

今日はさらに、最新の医学情報を元に素人仮説をもう一つ。

ウチの奥さんは突然空腹がやって来る。
本人は「隠れ低血糖ってあるんだって。絶対そうだよ」と言う。
「ダメだ急に来た。何か食べなきゃ」とお菓子をバクバク。
「ああ良かった。何とか間に合った。危ない所だった」

「えー何でオレが取っておいたジャム食っちゃうんだよ。あれ高いんだよ。おやつじゃ無いよ。
バナナあるんだからバナナ食えばイイじゃん」
「だってバナナより、ジャムの方が美味しいんだもん。イイじゃん少しぐらい」

それが少しじゃ無いんだよ。小さなクラッカーに山盛り2、3センチ乗せて器用に食うんだよ。
あっという間にジャムの大瓶が空だ。

愚痴はともかく、イラチの奥さんは急に腹が減ると手がプルプルになる。
何か食べて血糖値を上げると収まる。しかし精製した糖分を取るとどうも身体が痒くなる。
そんな実体験を裏付ける様な医学情報をテレビでやっていた。
それを元に仮説を立ててみた。
page001.png
つまり、空腹=血糖値の低下、何かを食べると血糖値が上がるのだが、血糖値が上がりすぎと間違った判断をしてインスリンを大量に放出=血糖値が極端に下がる=コルチゾールを出して血糖値を戻そうとする。
通常はインスリンを程よく出して穏やかに血糖値を下げるのに、
自律神経がおかしいからインスリンが出過ぎて血糖値が下がりすぎ
今度はコルチゾールをすぐ出そうとする。

これを赤ん坊の頃からやっていると、内臓がくたびれコルチゾールが出なくなる。
コルチゾールが出ないと副作用で痒みが出る。痒みつまりアトピーが出た時には、
コルチゾールの代替えホルモンであるステロイドを補充すると痒みが治まると言う話。

そう考えると精製の度合いが低い糖の方があまり身体に影響が出ないのも頷ける。

さらにアレルゲンを遠ざけると腹の具合が良くなり体調もイイ。これは大腸にヒントあり。
そこでメタバリア。糖の吸収を妨げるらしいのでキッと良いはず。
で毎日イラチの奥さんはメタバリアを飲み今の所「これはイイ」と言ってますが、
皆さんは簡単に受け売りに乗らない様に。
イイと言っていても、数ヶ月経つと「あれ効かないんだもん」と言う可能性があるので話半分で。

ただ、今の所評価に変わりなし。半年ぐらい経つかな。


我が子「ブリック」は階段で日向ぼっこ。その隙に朝の洗面、
IMGP6001.JPG
IMGP6003.JPG
IMGP6004.JPG
顔を拭いただけでは取れなかった目やにをひとつ。
IMGP6006.JPG
なんだよ。せっかく顔を拭いてやったのに。
眠いんだか、迷惑なんだか、幸せなんだか分かんない顔してるな。
IMGP6007.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

アナタも!これで下半身太りからサヨナラ!!!! [アレルギー]

IMGP5989.JPG

すでに見た様な写真だと思うが、奥の花瓶とモネの額は初登場?
これも当然の如くヤフオク。日差しが綺麗で写真を撮ったんじゃ無いかな。

IMGP5991.JPG

世の中100%の女性が「自分は下半身太りだ」と考えている。「マチガイナイ」

実際ビヨンセでさえ下半身太りに悩みビーガン食に行き着いた様だ。
私の妻も同様で、若い頃からその筋の情報には敏感。一番効果があったのは、足裏マッサージ機。
ローラーが電動式でコロコロ回り、それをふくらはぎや太ももの裏側に当てると滞留したリンパ液が
心臓に戻り足がほっそりすると言う方法。

確かに効果はある。

両足のマッサージに延々1時間以上。立ち上がると本当に足は細くなる。
しかし、立ち仕事をする事10分。心臓に戻ったリンパ液はまた足に戻ってくるのだ。
そんな基本原則が分かるまで半年以上。 オレもせっせとマッサージに協力したよ。

IMGP5992.JPG

昔のアレルギー対策は痒みを止めるステロイドだけ。

さらに共稼ぎの時は生活自体が必死の毎日で、気を付けてはいてもその場限りの対症療法。
やがて共稼ぎを辞め、本格的に効果を感じられる対策を講じられる様になったのは本当に
この5,6年の事だ。

日本では全く効果が無いと言われている遅延性のアレルギーだが、実践あるのみやってみた。

医学は切ったり取ったりする技術は格段に進歩したけど、皮膚科や精神科なんかはあまり進歩したとは
思えない。今でも医師個人の人間性と患者に寄り添う態度に頼っているのでは無かろうか。

私達が遅延性のアレルギーテストを受けた頃、日本の皮膚科学会が「遅延性アレルギーの根拠は無い
大体彼らの主張を受け入れれば食べるモノが無くなり栄養失調になる」と見解を出したが、
栄養失調になるなんて事を言う自体遅延性アレルギーについて知らない事が良く分かる。
安易な見解を出す前に相手の主張理論を勉強してから言えばイイのに。
まあ、昔からアレルギーについては二転三転してるから、これもどうなるか分からない。

私達は郵送で受けられる血液検査を受け、それに従いアレルゲンからなるべく離れた食生活に変更。

小麦アレルギー特に小麦グルテンが出たので、パンやうどんを食べない様に食の変更。
これはビーガン食と内容が重なる。小麦アレルギーがある人ならビーガン食も効果があるだろう。

食べ物によるアレルギーを減らしていると、血中の炎症を示す値CRPが年々減ってきた。
CRPが減ると同時に何だか妻の足もホッソリ。カモシカの様に長くはならないが細くはなった。
体重も僅かだが減り始めた。

素人仮説だが、
アレルギーは皮膚がある所に出る。皮膚の炎症が起きるんだ。
アレルギーで鼻の粘膜がただれるとくしゃみが止まらない。
アレルギーで腕に炎症が起きると皮膚が赤く腫れ上がる。皮膚が赤く痒くなればステロイドを処方
ステロイドを塗ると皮膚の炎症が治まり痒みが消えるのでこれで終わり。
普通は見える皮膚の炎症が消えると終わり。だから、ステロイドを塗って終わりになってしまう。

しかし、見える所だけでは無く見えない所の為に、遅延性のアレルゲンを減らし続けると、
見えない所の皮膚、つまり小腸や大腸の何処かの炎症が徐々に減る。
内臓の粘膜のびらんが治まり、時には消え、内臓が健康になり機能が回復することで身体の水分を
代謝出来る様になったのでは無いか。

下半身太りじゃ無くてむくんでたんだよ。私も顔のむくみが減って顔がしぼんできた。



時間と手間は掛かる、機械のコロコロよりこちらの方が効果があった。
「今頃足が細くなっても遅いよ!もっと若い頃細かったら良かったのに」
老齢の妻はぼやくが、アレルゲンの排除は健康に良いことは間違い無さそうだ。

IMGP5994.JPG

私達夫婦は子供の頃体育の授業を受けると気持ち悪くなったり、朝礼で貧血になった経験がある。
特に体育はいつも気持ち悪くなった。今思い起こすと運動性アナフラキシーだと思う。

アレルゲンから遠ざかっていても、時折やたら米が食いたくなったり、実際食う事がある。
その翌日身体を動かすと突然「怪しい感じ」がする。
ハッと気付き安静にするが、そんな実体験からアレルゲンから遠ざかる努力は惜しまない。

その一番の手助けが燻製なのよねー。

IMGP5996.JPG
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

刺激 大好き! [アレルギー]

IMGP5984.JPG

相変わらずしゃけを作っている。燻製ね。燻煙箱も改良を重ね仕上がりは安定してきた。
IMGP5974.JPG


毎日飽きずにシャケの燻製を食べているのは、イラチの奥さんがアレルギー満載だからだ。
アレルギーと嫌いな物とを混同していたり、誤解されている事は給食のそばを食べなかった子供に
無理に食べさせて殺してしまった教師を見ても明らか。
アレルギーに無縁な人は、好き嫌いとアレルギーの区別が付かない。

アナフラキシーショックが出る程の激烈なアレルギーは別としても、私達夫婦同様に緩やかな
アレルギーを持っている人は結構潜在的に居ると思う。

イラチの奥さんの下半身太りもアレルギー反応その他が原因と分かったのは60才頃。
もっと早く分かっていればと悔しがる事悔しがる事。

さらにアレルギーは「刺激」でもあるから、アレルギー反応が起きる食物程好むのが不思議。
アレルギー反応が出ない食品を選びに選んで見ると、嫌いじゃ無いけど好きでも無いと言うモノばかりで
時々狂ったように、また身体に悪いモノを食べ体調を崩し後悔する。
分かっていても止められないんだよな。脳にガツンと来る刺激が欲しいんだ。

最近分かったのは「糖」。黒糖の様に精製してないモノは吸収が穏やかなのか、体調は良いんだけど、
イラチの奥さんはこの黒糖が嫌い。かりんとうなんか甘くても絶対食べない。
一方グラニュー糖を使うケーキやチョコ。その他お菓子には目が無い。ジャムもばくばく食ってしまう。
オリゴ糖ブドウ糖を使ったモノは腹を下してダメだ。
精製の度合いが高ければ高い程身体は反応してしまうな。

そんな中、安物のジャムはそれ程身体に出ない。よく見ると輸入のさらに安物のジャムは砂糖では無く
甘味料を使っている。
缶みかんもそうだ。安物の中のさらに安物、砂糖不使用のみかんの方が調子が良い。

子供の頃、毎日チョコ一枚食べてたと言うから、何とも贅沢な野放図な生活をしてきたモンだ。
だからか、砂糖を取ると体調が悪くなる。
今は、コーヒーにも、自作のケーキにもEqual Sweetener ダイエット・シュガー を使っている。
これを切らさないように目配りが大変だ。

日本では、人工甘味料とか合成甘味料と言う言葉に過剰反応している。昔々チクロが砂糖の代わりに
使われていた頃、あれは人工だとパニック状態になり、メーカーは倒産、製品は駆逐された。
実際は禁止食品でも無く、今でも使われているんだけど、兎に角日本人は天然信仰。
人工甘味料もある事はあるが、逆に非常に高価で手に入りにくいモノになってしまった。

私達にしてみれば、アレルギーを起こす原因物質はすべて天然由来だし、毒だって天然成分。
お茶のエキス入りクリームで激しいアレルギー反応が出た事件を覚えている人も居るだろう。

バセリンなんか石油由来の抽出精製油脂だけど、私達にしてみればこれ程安心して使えるクリームは
他に無い。
砂糖も天然由来。私達には合成甘味料の方が遙かに快適な生活をもたらしてくれる。

子供がアトピーで、アレルギーに目覚め自然自然、自然素材に天然由来、オーガニック万歳!と
一生懸命なロハスなお母さんを見るが、本当は天然由来の方が恐ろしい場合があるんだな。

IMGP5979.JPGIMGP5983.JPG

フロに入れると何故かグデグデになるグデグデ犬

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

贅沢の極み [田舎暮らし]

IMGP5971.JPG
ホコリ受けと化したバイオリン

江戸の名残を残した明治大正は、貿易や近代化で金持ちが増えた時代でもあった。
華族だけでは無く、贅を尽くした家が数多く作られた。

そんな家は必ず使用人を使っていたし、出入りの大工も必ず居た。
家は、ガワはしっかり作られていたが、意外に中はゆったり仕上げ、使用人の数や使い勝手に応じて、
常に手直しが行われていた。庭も庭師が入り常に植え替えもしていた。

手直しをするのはその家を手掛けた棟梁で、その手直しこそが生活費になり、御贔屓筋が多ければ
それなりの余生を過ごす事が出来た訳だな。

今は、建築資材も高いし人件費も高いから、家は金嵩のコンクール。
テレビに出てくる家は建築費坪100万だって。本当に高いし買う人は殆どがローンだろ?
だったら手直ししないで済む家、永遠不滅の家であって欲しいのが人情。
とてもメンテナンスなんかに手が回らない。

私も妻もワガママの極値なのか、毎日が不満。だから家中手直しの毎日だ。

若い頃は生活で汲々、せっかくの家も手直し出来る気持ちと時間の余裕が出来た時は、家はボロボロ。
カラダもボロボロ。日本のサラリーマンはちょっと悲しすぎるよな。

IMGP5948.JPG
犬を飼っている知り合いのオバサンが家へ来た。

私は、あのオバサンが何か犬のウイルスを持ち込んだと決めつけて居るんだけど、
それから2週間ほど犬の調子が悪い。だんだん元気が無くなり遂に下痢になった。
IMGP5952.JPG
ゲリ気味だったのは分かっていたんだけど、その夜寝室で突然起き上がったと思ったら、
部屋の隅でおならの大音響と共にゲリを漏らしてしまった。

驚いたのはこっちだ。夜中に飛び起きて、イラチの奥さんは速攻床のカーペット掃除。
私は外に連れ出して、ウンチが出ないか観察。

犬は本当に申し訳なさそうに頭がツンツルテンになっていたが、怒られないので不思議そう。
IMGP5958.JPG

この一件で、この犬の信頼をようやく得る事が出来たのか。
以来まるで子犬の時から育てた犬と同じ様に、甘えリラックスした表情を見せてくれる様になった。

子犬の時に前の飼い主の家へ来て2年。捨てられ、我が家で拾って2年。
やっと本当の意味での我が家の一員になった。  自然なイイ子になったよ。ワンコラ吠えるけどね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

「細腕衰退記」 古すぎて分かんねーだろうな [DIY]

IMGP5940.JPG
秋を待つたたずまい。

稲刈りが終わり、草が刈り取られた後にも来年に備え緑が芽吹く。



IMGP5935.JPG

近所の切り通し


ブログ村を覗くと、みんなせっせと家を作っている。本当に凄い。

ハイパーだね。

大体、みんな従来工法に倣っているみたい。
ツーバイフォーでやる人のブログは何故か見掛けないな。
2×4は材料も安いし、作業も簡単だし、ネットを探せば部品図まで10万位で手に入る。
さらに、小さな小屋なら人手も要らず、ほぼ一人で作業可能なのに、何故か人気が無い。
なんでかなー。

私が若くて、さらにお金があったら2×4で小屋でもガレージでも家でも作るけど、
今からじゃもう無理だな。お金も無いし。

ホントみんな凄いよ。
従来工法だと棟上げとか、人手が無くちゃ出来ない仕事があるだろう?
そんな時に、手伝ってくれる人達がいるもんな。
年寄りは手伝いの人達の世話だけでくたびれちゃうよ。


まあ、人を羨まず、静かな農村の隔離生活、隠遁生活を楽しむ毎日です。

IMGP5931.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

1年目のバラ 2 [園芸]

IMGP5923.JPG

バラの情報に限らないが、ネット情報は量が多い割に孫引き情報の同じネタの繰り返しばかり。

まんず欲しい情報に突き当たる事がねーなー。

ネット創世記に、マニアが開設したホームページには、希に濃い情報も拾えたが、今ではそこへ
行き着く事も出来ない。
そうなると、書籍、紙情報に頼るのだが、バブルの洗礼を受けた紙媒体も見た目綺麗なばかりで、
薄っぺらな情報ばかり。
結局、自分で痛い目に遭いながらカットアンドトライと言うのは、昔と何も変って無いじゃないか。

バラは、シュートと言う主枝と言うか主幹と言う様な枝が出る。
これが、本を読んでもネットを見てもさっぱりイメージが湧かないんだよね。

実際バラを植えてみると、根元からある日突然若芽見たいのが伸びてくる。
あれっ?これなんだ?と思っているうちに、どんどん勢いよく伸びて1m位伸びてしまう。
慌てて本をよく読むと、どうもこれがシュートというモノらしい。
これが伸びた時は、50センチぐらいで先をポチッと摘まむと、そこでまた向きを変えてすぐ伸び出すから
また適当な所で、ポチッと先を摘まむ。そうすると、鹿の角の様に途中で枝がちょっと曲がり、
ちょっと曲がりしながら、アクセントの付いた枝が出来上がるって言うんだな。

ところが、実際は何だか立派な若枝が出て来たかと思うと、ぐんぐん伸びて「伸びた伸びた」と喜んで
いる内に、本当にアッという間に1m。やたら間延びした枝が、ビヨーんと伸びきってしまう。
太さの割に柔らかく折れそうで、まるでアスパラの様な感じ。
もう伸び切っているから、今から本の様に先端ピンチなんて出来ない。早く教えてくれよ。

それでも、先っぽから花が咲くから良いが、トレリスの間から向こう側に出た枝がシュートだったら、
もう大変。
今、こっち側に引き寄せても風で先っぽが向こうに抜けるか、当たって折れちゃうかな、と心配してたら
気付いた時はもう枝を抜くに抜けない。どうしよう。
IMGP5893.JPG
それでも1年目からそこそこ花が付いてくれた。

バラは風の強い所は避けてと言うが、我が家の南側は日当たりも良いが、風も凄い。
植えてみると、案ずるが産むが易し。風が強くても良く育つジャン。

ネット情報では、つるバラの冬の誘因の話ばかり。
でも、夏に間延びした枝がブランブランしてるのは、いくら何でもマズいだろう。
台風が来て枝が折れると嫌なので、成長を妨げない程度に枝を固定したが、実際はそんなモノじゃダメ。

バラは、成長が良い代わりに葉や枝が傷つきやすい。アスパラと同じで若芽の肌は本当に柔らかい。
簡単な枝折れ防止程度の養生だと、風に揺すられ枝と枝が擦れ合い、ぶつかり合い、自分のトゲが、
自分の葉、枝を傷つけてしまう。
傷ついた所は、黒点病と同じ黒い点になる。初めは黒星病の大量発生かとビックリしたが、よく見ると
黒星病の星と少し違うし、葉っぱも落ちない。しかし当然病気の原因になるだろうな。
だから、風の強い所はダメよと言う事なんだ。そこまで書いてくれよ。

本当は、冬になったら張り巡らす予定の誘因用のハリガネを、予定を変更して急遽施工。
まるで冬の誘因と同じ規模で枝の固定。
それでも、バラの新しい枝はアスパラみたいだから、キチンと固定したつもりでも、固定した所で
折れたりもした。

8月15日を過ぎると成長も少し遅くなる様なので、つるバラは台風前にキッチリ固定すべきだな。
実際結び目がきつすぎてコブになった所もあったけど、多少成長を阻害しても折れなきゃOK。
IMGP5895.JPG
この写真は、本格的な固定した頃かな。新物リンゴ出始めの時期。

万全の風対策を取ったつもりだったが、大きなつぼみを付けた枝の先から25センチ位の所で固定した
ら、台風で枝ごとポッキリ折れたのはチョットショックだったな。
赤い大きなパパメイアンと言うバラなんだ。
これがまた、凄い良い匂いなんだな。 来年は見てろよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

田舎で超一流のソリストと遭遇 [田舎暮らし]

IMGP5875.JPG
今日は留守番

房総御宿にバイオリンのソリストが住んでいる。
メキシコにずいぶん昔から住んでいたんだけど、終の棲家に御宿を選び帰国したのだ。

御宿に来た事で、一応引退なんだけど地元で子供に教えたり、今日の様にミニコンサートを開いている。
若い頃は聞きたいミュージシャンは逃さなかったが、段々次もあるだろうと行かなくなっていた。

しかし、今回は逃せない。僅か20人位の観客を前にしたミニコンサート。
一流のソリストの演奏を間近で見る機会は先ず考えられない。

そこで珍しくお出かけ。
IMGP5884.JPG
演奏会に遅れそうになりながらも何とか間に合った。

演奏はソリストなのにアンサンブル。オーケストラがいないからね。
しかし、ソリストは生まれながらのソリスト。
本人が最近アンサンブルを勉強し始めたと言う様に、強烈な個性がほとばしり出ている中、
合わせる方が、必死にその個性に合わせる演奏。

一流の演奏家の演奏は本当に楽しく愉快だった。
IMGP5889.JPG
そして演奏会が終わり記念撮影。
IMGP5892.JPG

空は秋晴れだ。
IMGP5874.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

1年目のバラ [園芸]

IMGP5799.JPG
涼むワンコラ犬

引っ越してきてから3年、初めは雑草も生えない土地で、不思議に思っていたら、
大量のナメクジが出る草出る草みんな食う様な庭だった。

ナメクジ退治をして、ガスボンベの下に住むマムシを追い出し、大分草が生える様になってきた。

そこで、今年はバラ。
大体、庭と言っても一番広い所はデッキで埋め尽くし、残っているのは軒下。
犬走りと呼ばれる巾90センチの、家をグルッと囲む細長い地面。
さらに、その内の南側と西側しか、使える地面が無い。
その細長ーい所を利用して、つるバラ主体で植える事にした。

しかし、バラだって。薔薇って聞いただけでなんか怖いよね。ホントに出来るのかな。
案ずるが易し。1年目からこんなに咲くんじゃん。
IMGP5838.JPG
IMGP5837.JPG
京成バラ園のセミナーへ行って聞いた所、水切れが一番の大敵。いくら水を遣っても根腐れしないから
毎日バケツ一杯水を遣って下さい、と言われた通りせっせと水を遣った。
IMGP5783.JPG
IMGP5817.JPG
こっちは、イチゴ苗の世話か。これのお陰で12月まで毎日イチゴが食えたな。
IMGP5840.JPG
昔、ツツジの株を植える所を見てたけど、大穴に株を入れてから水をドンドン入れてドロドロの沼に
なった所で、ツツジをグリグリ揺らして泥と根を馴染ませてたけど、それを想像しながら、
根と土が馴染む様にせっせと水やりに梅雨まで励んだな。
IMGP5842.JPG
オトーサンが前線で戦っているとき、銃後の守りはこの二人。
IMGP5860.JPG
軒下、つまり犬走りの部分に植えたから、雨が降ってもバラには水が行き渡らない。
そこで、15mのかん水チューブを引き回した。

お陰で、何を植えてもクローバーでも付かなかった軒下の際の部分まで、ほれこの通り。
ダイカンドラが綺麗に生えそろってくれた。やっと綺麗になった。
IMGP5852.JPG
バラであちこち調べて回ると、たった一輪咲いたバラを、自慢げに載せてるブログがあるけど、
「なんだかなー」と思いながら見てたが、実際自分で育てるとそうなるな。
IMGP5847.JPG
IMGP5867.JPG

この分だと、来年はタダでバラの花束が手に入るな。 シメシメ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

2018/03/29 また15年に一度の桜 [田舎暮らし]

IMGP6416.JPG
IMGP6418.JPG
この前、15年に一度の凄い桜を見せたら、なんと今年も桜の直前に寒波襲来で、桜が15年に一度の
大満開。15年に一度が二度続いたから、次は30年後だ。ホンマかいな。
IMGP6419.JPG
IMGP6420.JPG
ちょうど犬のウンコを拾う所。
IMGP6423.JPG
IMGP6427.JPG
本当に花びら一枚落ちていない。と言っていたら、はらはらっと少し花びらが舞った。
IMGP6429.JPG
見にくいけど、斜面に咲く山桜とソメイヨシノの供宴。
IMGP6434.JPG
IMGP6435.JPG

今、まさしく房総の春満開

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

犬の柵 8 塗装 [家の外回り]

IMGP5756.JPG
いつ作るかも分からない設計ばかり、せっせと寝ながら考えているオトーサンを見て、
待ちくたびれて「塩垂れた」ワンコラ犬。


「早く塗ろうよ、早く」

犬の柵を作って満足している私を急き立てるイラチの奥さん。
ペンキ缶のフタは、十年一日本当に戦前から、いや江戸時代から?変わらない。
最近はフタの材質も薄くなり、ヘタにこじると縁のロールが緩むばかりで、ちっとも開かない。

ウチの奥さんはこれが大の苦手だから、塗装をするときは全て私が準備する事になっている。

「早く塗ろうよ、早く」「ハイハイ」と言いながら、1週間も過ぎた頃、漸く塗装準備が出来る。

一旦ペンキのフタが開くとそれからは早い。あっという間に2度塗り+タッチアップで出来上がる。
早いねー。上手いねー。あっという間だねー。
IMGP5774.JPG
IMGP5776.JPG
IMGP5777.JPG
家のDIY仕事でも、自然に出来上がった分業システムでやると、ホントに早い。
IMGP5788.JPG
家前面も塗装が済んだから、今度は右側の壁だな。
足場が要るな。どうするか。
IMGP5796.JPG
こうなると、玄関周りがゴチャゴチャしてるから、もう少し整理しなくちゃ。

この写真を見ると、何となくドア周りの塗装がまだの様だが、他の写真を見ると塗れてるよな。
光の加減かな。 今は間違い無く塗装済みであります。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -